So-net無料ブログ作成
検索選択

ノムニーニョ打線から見習うもの





ノムニーニョ打線から見習うものについて話します。


楽天の打線は野村監督のエルニーニョが発生するときに

優勝するなどのことからノムニーニョといわれていますが、

もともと選手のみんなに実力が備わってきているので

それが2アウトランナーなしから得点が入ったり、

1イニングで4,5点以上獲るようなことが

おこるのです。


まさにノムニーニョ打線は、

なぜ安打が集中するときは集中するが、

出ないときはさっぱり、ということが

起こるのです。


「負けに不思議なし、勝ちに不思議あり」

負の連鎖が起きるときには必ず要因がある

というのと意味的に同じですね。


これは仕事の時も同じことが言えますよね。


しっかりやることをやっていないと、

当然のことながら待っているのは失敗、ということです。


仕事の場合は人間的要因が少ないので、

自分との勝負ですね。


野村ノート



ノムニーニョ、「負けに不思議なし、勝ちに不思議あり」

この言葉を胸に日常生活を過ごします。







過去の記事
1 負けに不思議なし、勝ちに不思議あり
2 野村監督の言葉
3 理想の上司
4 野村監督の雄姿
5 ノムニーニョ打線から見習うもの
6 野村克也のスケジュール
7 野村克也講演会スケジュール
8 野村の「監督ミーティング」橋上秀樹



不景気での仕事の探し方
仕事探しのオススメ情報提供中!
仕事探訪、フリーター奈々の気まま日記
仕事力

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。