So-net無料ブログ作成

野村の「監督ミーティング」橋上秀樹





先日、本屋に立ち読みした時に橋上秀樹氏(前楽天ゴールデンイーグルスヘッドコーチ)

の本がありました。


中身を読んでみると、現役当時から引退までそしてコーチ活動を野村克也監督とともにした

話が詳しく明記されています。



野村克也監督がいかにピッチャー心理、バッター心理を見抜いて打席に立ち、

そしてキャッチャーからの視点で配球を考え、

そして選手が一人前になるよう、どうやって成長させるか・・・・・・などなど

書いています。


これは野球人だけに限らず、日常のビジネスマンにも大いに関連すること

だと橋上秀樹氏も明言していますし、本を読んだ私もそのように感じます。


野村克也監督にも承諾を得て

本を出していますので、野村克也監督の想いが非常に詰まった本であります。


・橋上秀樹氏が野村克也監督と出会って感じた他の監督との大きな違い

・繰り返すことで効果を生む「監督ミーティング」

・野村克也監督がいちばん伝えたかった「変化する」ということ

・合言葉は、「言い訳は進歩の敵」

・一流選手になるために、なぜ人生観を学ぶか

・一流になるヤツの共通点・・・・・・などなど

いろいろ書かれています。





iIMG_1435.jpg
過去の記事 1 負けに不思議なし、勝ちに不思議あり 2 野村監督の言葉 3 理想の上司 4 野村監督の雄姿 5 ノムニーニョ打線から見習うもの 6 野村克也のスケジュール 炭化コルクで快適除湿 シックハウス症候群対策... 新築住宅 仕事で役に立つ資格 米と魚と

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。